ブログ

[読まれる]ブログタイトルの付け方を解説[具体例も紹介]

ブログタイトルの付け方を解説
 

みなさんこんにちは!ワトスンです。
今回は、、

ブログが全然読まれない!読まれるタイトルの付け方ってあるの?付け方のコツを教えて欲しい。。

といった悩みに答えます。

 

■読んでほしい人
ブログ初心者/ブログを成長させていきたい方

 

ブログは読まれないと作成した意味がありません。
読まれるブログにするためにも、魅力的なタイトルを付けることはとても大切です。

おそらく皆さんも、数ある記事の中からこの記事を選んだのは、タイトルを見て”見たい記事”と思って選んでくれたと思います。

SEOの次に大事なのが、「タイトル」だと私は思います。
皆さんも「魅力的な読まれるタイトル」を付けれるように、ぜひ参考にしていってもらえたらなと思います。

 

ブログタイトルの付け方

ブログタイトルの付け方

魅力あるタイトルを付けていくには、
基本を守りつつ
魅力を付け足していく
ようにしていきます。

付け方の基本とは何か、魅力の付け方はどうやっていくかなどを解説していきます。

 

付け方の基本

SEO視点からみて、タイトルには重要な基本的な付け方があります。
これを必ず理解した上で、魅力あるタイトルを付けていきます。

タイトルの基本的な付け方は2つあります。

32文字以内で

まず、タイトルは32文字以内で付けるようにして下さい。

SEO的には文字数を気にする必要はありませんが、読者目線から考えるとできるだけ短い方が良いです。

タイトルは32文字以内で

検索結果ではタイトルが長すぎると省略されることがあります。大体30文字くらいで省略されることが多いです。

できれば30文字以内で収めればより良いですが、長くても32文字以内に収めるようにして下さい。
かといって32文字というのはとても短いので、「できるだけ短く」ということだけ意識してもらえればOKです。

このタイトルの文字数については、いろいろ議論されていますが、一番は「読者の目線に立ってタイトルを考える」ことを忘れずにして下さい。
文字数に関する議論は、「ブログ記事タイトルの文字数は?」を参考にして下さい。

 

キーワードをいれる

これも一番重要な基本ですが、タイトルにはキーワードを入れるようにして下さい。

どのキーワードをターゲットにするかを決めたら、そのキーワードをもとにタイトルを付けていきます。

例えば、「ブログ」というキーワードで上位表示を目指すなら、「ブログ」というキーワードをタイトルの中に入れていきます。

ターゲットキーワードの決め方にお困りの方は下の記事を参考にしてください。

 

“読まれる”タイトルの付け方

付け方の基本を理解したら、魅力あるタイトルを目指していきましょう。

いくつかコツを紹介していきます。
 

“魅力ワード”を入れる

タイトルに、”魅力ワード”を入れることで魅力のあるタイトルにすることができます。

読者が惹かれるワードは、「理由、方法、なぜ、0円、無料、まとめ、・・選、限定、比較、失敗、返金保証、ヒント」といったワードです。

特に、「無料」や「返金保証」などの安心安全を保証された内容は魅力的に感じやすくなります。

「[無料]ブログの始め方」といった感じでタイトルを付けます。
 

読者に質問する

読者に質問するようなタイトルも試してみて下さい。

「ブログのタイトルの付け方ってどうやるの?」という感じで、読者に問いかけるようなタイトルです。

シンプルな「ブログのタイトルの付け方」というタイトルよりも魅力的になります。
 

読者を挑発する

読者を挑発するタイトルも意外と閲覧したくなります。

「[稼げる!]この方法まだ試してないの?」というタイトルを見てどう思いますか?

とても挑発してきてるタイトルですが、中身が気になるタイトルになっていると思います。
 

ハードルが低いことを証明

タイトルからハードルを上げないようにしましょう。

「ブログで稼ぐのは難しい」というタイトルだと見る気がなくなります。

タイトルでは、ハードルが低いことを証明するようにしましょう。
「ブログで稼ぐのは可能!」といった感じです。
 

数字を入れる

タイトルに具体的な数字を入れることで、閲覧されやすくなります。

「記事の書き方のコツを解説」より「記事の書き方のコツ5選を紹介」の方が、具体的に何を学んでいけば良いかわかりやすいので、”閲覧しよう”という気になります。
後者のタイトルの方が、「この5つだけ学んでいけば良いんだ」とわかりやすくなります。
 

SNSで強いタイトルにする

SNSで見たときそのタイトルは強いかを考えてタイトルを付けるのも大切です。

ブログはSNSで拡散させることができます。SNSからの流入者も見込めます。
SNSで見たときに、魅力のある拡散したくなるタイトルかを考えてタイトルを付けます。
 

警戒を紐解く

ジャンルにもよりますが、

人間は、成功するより失敗を避けたいという本能があります。
その本能を利用して、警戒されないようなタイトルにしていきましょう。

ブログを見るかどうかを選ぶのは読者なので、警戒されないように警戒を紐解いていくことを心がけましょう。
 

タイトルはじっくり考える

タイトルはじっくり考える

タイトルを適当に付ける方が多いですが、じっくりと考えて魅力のあるタイトルにしていきましょう。

閲覧者目線でタイトルを考える」ことを一番大切にして考えると、自然と魅力的なタイトルになっていくと思います。

その他なにか疑問点がありましたらコメントまたはTwitterのDMでご連絡ください!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事