Webサイト

WebSocket connection to ‘wss://public-api.wordpress.com 〜のエラー改善方法。

みなさんこんにちは!ワトスンです。
今回は、、

「WebSocket connection to ‘wss://public-api.wordpress.com/pinghub/wpcom/me/newest-note-data’ failed: Error during WebSocket handshake: Unexpected response code: 403」というエラーが出たけど、これ何?このエラーを改善するにはどうしたらいい?

といった疑問に答えます。

 

結論として、このエラーはJetpackの通知機能を無効にすれば改善できます。

具体的に紹介していきます。

出てきたエラーの意味

今回出てきたエラーは、下↓のようなものでした。

WebSocket connection to ‘wss://public-api.wordpress.com/pinghub/wpcom/me/newest-note-data’ failed: Error during WebSocket handshake: Unexpected response code: 403

これを日本語に訳すと、

‘wss://public-api.wordpress.com/pinghub/wpcom/me/newest-note-data’へのWebSocket接続に失敗しました:WebSocketハンドシェイク中のエラー:予期しない応答コード:403

となります。

 

あまり何を言っているのか分かりませんが、つまり、「何らかの通信接続が失敗した」ということです。

このエラーに出てきているWebSocketについて詳しく知りたい方は、「WebSocketとは」をご覧下さい。

 

「何らかの通信接続が失敗した」と言われても、何をどう改善したら良いかわからないと思います。

次に具体的な改善方法をご紹介します。

 

このエラーの改善方法

実は、この

WebSocket connection to ‘wss://public-api.wordpress.com/pinghub/wpcom/me/newest-note-data’ failed: Error during WebSocket handshake: Unexpected response code: 403

というエラーは、Jetpackの通知機能がオンになっている際に起きるエラーです。

ですので、「Jetpackの通知機能」をオフにしてあげれば解決します。

 

Jetpackの通知機能をオフにする方法は次の通りです。

 

Jetpackの通知機能をオフにする方法

JetpackはWordPressで管理しているプラグインの1つですが、通知機能をオフにするための設定画面までには、WordPressの管理画面からなぜか辿り着くことができません。

設定画面にアクセス

ですので、次のURLからアクセスします。

「https://samplesite.com/wp-admin/admin.php?page=jetpack_modules」

「samplesite.com」の部分はご自身のサイトのURLを入れ替えて下さい。

通知機能を無効に

アクセスすると、下↓のような画面が出てきます。

Jetpackの設定画面

この設定画面から下にスクロールしていくと「通知」という項目があるので、これを無効にします。

Jetpackの通知機能

これでエラーが改善されているはずです!

ちなみにこのエラーは、WordPressの管理画面にログインしている時だけに表示されるエラーなので、ユーザーからは確認できないエラーです。

いかがだったでしょうか?少しでもお役に立てれば嬉しいです。

なにか疑問点がありましたらコメントまたはTwitterのDMでご連絡ください!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事